Damizza邸ミーティング

2007/10/05

 この日、Damizzaとの極秘プロジェクト(?)のミーティングのため、サンタバーバラにあるDamizza邸へ。いつもは閑静な住宅という感じなのに、今日は様子が違う。若い衆達がワラワラ、ワラワラ。
 んで、ふと奥を見ると、トラック制作とボーカルレコーディングのセットアップがしてあって、みんなDamizzaに
「このフレーズどう?」
「このフックどう?」
「こんなビートは?」
なんてアピリ中!
 ここでDamizzaからGoが出た人が、晴れてマイクを陣取り、デモのレコーディング開始。さらに出来上がったデモの中から良い物を本チャンレコーディングへと・・・。最近はこんな感じで、ガシガシ曲を作ってるそうです。
 こんな風にやってたら、ヒット曲が生まれるのも時間の問題って感じだなー。既に何曲か良いのあります。たぶんWestside Ridinに入るかな。お楽しみにー。
 そんな様子を横目で見ながら、Damizzaとミーティング開始。B5用紙3枚分の伝達事項を僕の流暢な英語・・・・・うそです。つたない英語で伝える。
 わはは、結構大変。でもそこはさすがDamizza兄貴。一通り理解してくれたようで。Thank You Damizza!!
 ついでと言っちゃ何ですが、せっかくなので僕のビートデモも聞いてもらう。するとすぐに・・・・・
来たーーー!Damizzaに神降臨!!
メロディー&ラップ出まくり。即その場で、今度売り出すR&Bシンガーとデモ作成開始。
 数時間後、1曲デモが完成する頃には、周りにいる若い衆連中からも、
「こんなのどう?こんなのどう??」
って、どんどん他の曲のアイディアが出され、あっという間に数曲デモラフ完成。その後もノリに乗ってしまい結局その日は夜中3時半まで続く。
いいなぁー、このノリ。Damizzaがサンタバーバラに戻ってきたワケがわかる・・・。

Share in
Tagged in

Comments

Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

* Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>