Link_YouTube-3 Link_instagram Link_Twitter-3 Link_Facebook-3 shopbanner2

愛すべきはTaxiドライバー?


これはフィリピンで僕が出会った、必死で生きる(?)タクシードライバー達の実話です。


Taxi:1

このタクシー、乗ってみると運転手さん日本語ペラペラ。
話聞くと以前は六本木界隈でバンドをやってたとか・・・。
一人でペラペラ喋ってるのがちょっとアレだけど(笑)、やっぱ異国の地で日本語に出会うと何となく親近感が・・・

(ホントはそんな簡単に親近感持っちゃダメですよ。笑)。



出発地から約1時間。目的地に到着。
着いたとたん、それまではつらつと喋ってたのに、急にメソメソモード・・・ナンデ?



運:あっち遠いね。ワタシ、かわいそ・カワイソ・カワイソ・カワイソ・カワイソ・・・・(×5万回)

元の街まで戻るのに時間かかるから、お金余分にくれと。



・・・・・

チップは普通にあげてるじゃん!

そんなこと言わなきゃ、明日のタクシーお願いしたかもしれないのに。




Taxi:2

Couz:○×ホテルまで

運:OK!!!

ぶ〜〜〜〜〜ん



・・・・・

運:着いたよ!



・・・・・

Danさんと僕、顔を見合わせ、



Dan & Couz:

違うし!

違うトコだから、当然僕たちの方のホテルへ送ってもらう。



着くなり運転手、

運:間違って違うホテル行っちゃったから、ガソリンいっぱいかかってるね

間違った方行って、余計に走ったから、金を多くくれと。



・・・・・






間違ったのおまえだろ!!!



横で聞いてたホテルマンも苦笑い・・・あはははは




Taxi:3






乗った瞬間ガス欠



・・・・・

ありえねぇッス・・・(笑)。

詳細はこっちです。
Danさんブログ




Taxi:4

僕たちを乗せて走ってる最中、シートベルトで捕まったタクシー運ちゃん。

切符きられそうになったら、いきなり警察官を買収し始めた!!!



えっ?マジ!?
で、その警察官、、、








買収されてるし!!!!

(笑)



100ペソで無かったことに、と。





したら運ちゃん、客の僕たちに向かって、









運:

100ペソだってさ・・・



・・・・・

Couz:

は? 

俺たちが払うって事?

バカ言ってんじゃねぇ・・・(笑)

実はこの運転手さん、持ち金が1ペソもなく、乗車料金から100ペソ引くからと言うことでした。




Taxi:5

とある出先からの帰り。
ちょうど通りがかったタクシーに乗る。



Couz:○×ホテルまでいくら?

運:300!!

Couz:え?来る時メーターで200だったよ?

運:No!!300!!

Couz:(この運ちゃん強気だなー)200じゃなかったら、オレ降りるよ。

運:待って!!待って!!待って!! OK!! 

300!!





・・・・・

値段、全然変わってないし・・・勢いよくOK!!って、アナタなかなかやりますね・・・


Couz:じゃ、いい。降りる!!

バタン、テクテクテク・・・・





ブロロロロローーー
あ、Uターンして戻ってきた。



運:おぉーーい!200でいいよー!

Couz:じゃ、ちゃんとメーターで計って行ってね

運:はいよ!(目がキラン!)

(ん?運転手さん、何か企んでるな。今、違うトコで曲がったし、たぶん遠回りする気っぽいなぁ)

Couz:ね、運転手さん。来る時渋滞してたけど、30分で着いたよ。今の時間だから20分で着くよね?^^

運:(ギクッ!)ハ、ハイ・・・



ぶぉーーーーん!!!!
かっ飛んでくれたので、実質20分以内で到着。

チップ多めに渡しました(笑)。




Taxi:6

試しにホテル専属タクシーに乗ってみた。

車もきれいだし、運転も丁寧。
トランクの荷物も下ろしてくれるし、見送りにお辞儀までしてくれる。
さすがホテルタクシー!金がただ高いワケじゃないのね・・・。





”Noと言えない日本人”にとって、
普通のタクシーが高くつくのか、ホテルタクシーが高くつくのか・・・

僕はもちろん「No!!!!!」って言うけど(笑)。






Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

Your email address will not be published.