Link_YouTube-3 Link_instagram Link_Twitter-3 Link_Facebook-3 shopbanner2

日向さんのスタジオへ


今日のメインスケジュール。日向さんのスタジオへ行く!数ヶ月前からDanさんにお願いしてたのが、今日!

日向さんは、あの一大ブームを巻き起こした、「ロンバケ」や「ラブジェネ」のサントラなどを制作された方です。

詳しくは日向さんのサイトで。

そこに伺う前にも、いい事2つ。

1つ目:ドライバーズライセンスのテストに受かった!これ受かるまでは、無免許で・・・なワケはもちろんなく、日本からの国際免許で運転。でも、ビザなどの資格がそろったら、早々に取り行かないとね。僕は以前にもカリフォルニアのライセンスを持ってた事があるので、実技試験は免除。目の検査して、学科試験を受けて終了!楽勝です!

 ここで、1つ。DMV行く人はネット予約して行った方がいいですよ。待ち時間10分くらいですから。用紙に記入してる間に順番来ちゃいますよ。オススメします。

いい事2つ目:クレジットカードの審査に通った!

日本だとクレジットカードなんて、申し込んで即日とか翌日とか、そういうレベルで発行されますが、アメリカでは結構厳しい。

 アメリカでは全ての人のお金に関する履歴が、ソーシャルセキュリティナンバーで管理されてて(クレジットヒストリー)、クレジットカードなどで支払いを毎月しっかりとしている人に、良いクレジットヒストリーが付いていく。でもクレジットカードは、すでに良いクレジットヒストリーの人でないと発行されない・・・という矛盾。アメリカ国内発行の最初の1枚をゲットするのは、結構大変なのです。しかもここアメリカでは、日本人は外国人・・・。というワケでちょっと困難なのですが、とりあえずゲット!こちらで生活する上で、クレジットカードは必需品、クレジットヒストリーは大事ですからね。

 そんな事してるうちに、夕方。Danさん、RFUのUの方2人、”Mad” Royさん、”Let’s Go” Nakamuraさんと、日向さんのスタジオへ。

中に入ると・・・・・機材スゲー。僕たちが欲しがるモデリングプラグイン(古い名器といわれる機材をパソコンソフトで再現したもの)の、ビンテージの本物が目の前にゴロゴロ。レプリカでさえ何十万もする機材の、元ですからね、moto!リーバイスのBig Eとかそんなレベルじゃないですょ、ハイ。そんな滅多にお目にかかれない機材を前に、僕とRoyさんはかなりテンションあがる!

「あ、これはQuikのスタジオに行った時に、Quikがお気に入りって言ってたヤツだ」

とか、

「こっちのは、Dreのインタビューで載ってたのだ」

「あ、SnoopのスタジオでSnoopが自慢げに見せてたエレピだ・・・」

と、そんなのがゴロゴロごろごろ・・・・・おっとヨダレが(笑)。

そんな機材に囲まれながら、日向さんからいろいろなお話を聞かせていただきました。音楽的なことはもちろん、機材のこと、流通のこと・・・とても勉強になりました。「目から鱗」もしばしば。そんな中で印象的なひと言。

「近道なんてないよ」

ここまでやってこられた方が言うこの言葉には、ずしーんと重みがあります。僕も1つ1つ積み重ねていきたいと思います。






Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

Your email address will not be published.