Link_YouTube-3 Link_instagram Link_Twitter-3 Link_Facebook-3 shopbanner2

DJ Couzプロフィール 2010






最新プロフィール








2010 プロフィール


Couz&SS

DJ Couz(ディージェー・カズ)

DJ(ヒップホップ、R&B、ソウル、ファンク)、プロデューサー、イベンター、ツアーコーディネーター、ライター。

特にウエストコーストヒップホップカルチャーに特化した知識は他の追随を許さず、唯一無二の存在としてDJ Couzのプレイ/ライフスタイルは多くのフォロワーを生んでいる。またDJだけに留まらず、様々な活動を通し、日本全国及びLAを中心に世界規模でマルチな才能を発揮している。

現在ではもはや伝説的存在となった東京発ウエストコーストイベント、”Jack Move”のメインDJ/オーガナイザーを経て、LAへ移住。現在のLAでの活動の基盤を作る。そのLAでは、Power 106のメインパーソナリティBig Boyのホームボーイとして、Power 106の番組や様々なイベントにたびたび参加。さらに現在でも年の半分を過ごすLAでは、Big Boyのバックアップの元、メジャーヒップホップ業界に深く足を踏み入れ、多くの一流アーティストとの交流を深める。

また、そのBig Boyと彼のパートナーDJ E-Manをメインとし、2001年から開催されているBig Boy & DJ E-Man Presents Mickey Fickey MIx Japan TourのVol.1~14までの全てに参加。Xzibit、DJ Quik、Frankie Jほか、多くの海外アーティストの招聘に携わり、日本のウエストコーストヒップホップの発展に大きく貢献する。

一方、海外でのストリートアンダーグラウンドな活動では、Mariah Careyのプロデューサーでもあるラッパー/プロデューサー、DamizzaのオフィシャルDJを勤め、彼のライブDJとしてDJ Quik “Traumaリリース全米ツアー” にも参加。House Of Blues Sunset(ハリウッド)、Valut 350(ロングビーチ)他、数千人規模の様々な有名ライブハウスでプレイするなど、その活動範囲は世界規模に及ぶ。

クラブDJとしては、メインストリームヒップホップ、R&Bからソウル・ファンクまでを自在に操りつつも、常にウエストコーストヒップホップを基本とするそのプレイスタイルは、どのジャンルをプレイしても常にLAの空気を感じさせる唯一無二の存在として、コアなウエストコーストファンからメインストリームファンまでファン層も幅広く、また多くのDJにも影響を与えている。

プロデュースワークでは、6年以上に渡りPower106でヘビープレイされている “Kevins Jeweler” のCMソングをはじめ、世界で最も権威あるウエスト系ヒップホップサイトDubcnnで絶賛された “Hustle Around The World”、”I’ma G”他、楽曲プロデュースでも世界を相手にその才能を発揮。その楽曲は海外、特にウエストコーストストリートシーンでの評価が極めて高い。

2002年初頭から、トータル80タイトルを超えるミックスCDを発売。ウエストコーストバイブルとして不動の地位を築いている”Westside Ridin’”。そしてLAメインストリームシーンをダイレクトに伝える “Jack Move” 他、さまざまな人気シリーズを展開。特に、アーティストからのシャウトアウト、フリースタイル、DJ Couzエクスクルーシブな未発表曲などをふんだんに使ったこの2大タイトルは、ウエッサイファンからメインストリームファン、ビギナーからコアなファンにまで支持され、その作品は国内リスナーはもちろん、海外のDJやアーティスト、業界人にまでファンを持つ。

また全国誌のフリーペーパー、ヒップホップインサイダーの創刊号から2010年1月号まで、LAのヒップホップイベント、ライブ、カーショーなど、様々なLAスタイルな出来事やカルチャーを、DJ Couz目線で毎月紹介する人気ページ “Angel Vision”を執筆し、ライターとしても人気を博す。

2009年には、念願のクラシックシェビーをゲットし、ホットロッドショー(横浜)でのベストローライダー賞他、ローライダーカーショーファイナル(幕張)、シーサイドフェスタ(広島)、等のビックステージで数々の賞を獲得。さらにローライダーマガジン、カスタムローライディングなどの雑誌でも取材されるなど、全国的に注目を集める。

現在ではLAと日本を飛び回りながら日米双方で活動の場を広げ、多くのプロジェクトを抱える音楽活動をメインに、ローライダーを含めたウエストコーストカルチャー全般の活動に力を入れている。また2010年には、自身のクラブイベント “Jack Move” の10周年記念イベントを計画中!!

招聘アーティスト

Big Boy & DJ E-Man

Baby Bash

Beatnuts

Coolio

Damizza

DJ Quik

Frankie J

Funkmaster Flex

Kurupt

Lil Rob

Raskass

Roscoe

Shade Shiest

Xzibit

Young De

DJ Green Lantern

DJ K-Shaw

DJ L

DJ Mr. Choc

Official CD

“Ride With DPG Recordz Vol.1 ~ 3″

“Damizza Presents West Coast Couzin’”

“Young De Audio Hustlaz Vol.1″

“BABY REE MIX TAPE Vol.1 (HOSTED BY DAMIZZA )”

“BABY REE MIX TAPE Vol.2 (HOSTED BY DAMIZZA )”

Mix CD

“WESTSIDE RIDIN’ VOL.1~29″

“WESTSIDE RIDIN’ – Str8 Outta Compton -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Represent Dat LBC -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Welcome To Los Angels 1 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Welcome To Los Angels 2 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Nothin’ But A Bay Area 1 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Nothin’ But A Bay Area 2 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West Old School -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1992 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1993 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1994 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1995 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1996 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1997 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1998 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 1999 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Best West 2000 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Funk Edition Part 1~2 -”

“WESTSIDE RIDIN’ – Funk Edition Part 3 The Best Of Zapp & Roger -”

“JACK MOVE 1~21″

“LA Soul Collection Vol.1 ~ 3″

“LA Soul Collection Vol.4 ~ 2Pac Samples 1/2″

“LA Soul Collection Vol.5 ~ 2Pac Samples 2/2″

“COUZ MEETS SNOOP”

“ALL ABOUT 2PAC”

“THE BEST OF WESTSIDE CONNECTION (HOSTED BY WC)”

“THE BEST OF BONE THUGS-N-HARMONY”

“THE COLLABORATION VOL.2 (With DJ Fillmore)”

“THE COLLABORATION VOL.4 (With DJ Side 2)”

“Dubs Up Joint Vol.1 (With DJ Luckey)”

“Dubs Up Joint Vol.2 (With DJ Hagane)”

“TUNNEL 1&2″






Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

Your email address will not be published.