Link_YouTube-3 Link_instagram Link_Twitter-3 Link_Facebook-3 shopbanner2

ドコモiPhoneへの道。


JM2011-28

Docomoで




JM2011-28

iPhone。




これ最強。







こないだまで、ドコモ携帯とソフトバンクiPhoneの2台持ち。
厳密に言うと、LA用にAT&TのiPhoneもあったので3台持ち。





正直・・・・・





こんなにいらん。







先月SIMロックフリーの4Sが出たタイミングでドコモiPhone計画スタート!
誰かの役に立てばと、メモっときます。



ちなみにジェイルブレイクではありません。



キーポイント
・iPhoneで普通に通話する。
・imodeメール(@docomo.ne.jp)は引き続き使う。
・データ通信をよくする







ということで、ドコモiPhoneへの道!!

注意
・僕個人が適当に調べてやった事なので、情報の信憑性は知りません。
・ドコモは基本的にiPhoneでの動作等の保証していないので、全てにおいて自己責任です。
・2011/12の情報です。



簡単に手順を。

1. SIMロックフリーiPhoneをゲット
2. SIMカードをゲット(ドコモショップ)
3. 必要があれば契約プランの変更(ドコモショップ)
4. iPhoneアクティベート
5. データの移行
6. imodeメール

です。



感想から言うと、SIMフリーiPhoneさへゲットできてしまえば、あとは楽勝です。





1. SIMロックフリーiPhoneのゲット

SIMロックフリーのiPhoneは、日本国内では(基本的には)売ってないので、海外のApple Storeで購入します。

値段は、アップルが上手く設定してるので、どこの国もだいたい同じくらいの金額だと思います。

それよりもウェブのアップルストアで買い物する時、その国内の住所にしか送らないという決まりがあったと思うので、金額よりも送り先をどうするかの方が重要。

さらにはクレジットカードの住所についてもそんな制限があったようななかったような・・・。
アメリカのアップルストアで買う時は、アメリカで発行されたクレジットカード(つまり請求先の住所がアメリカ国内)じゃないとダメとか・・・。

こっちはちょっと不確かです。

日本のクレジットカードでやってみてOKだったらOKってことで・・・(笑)。


海外のアップルストアへは、サイトの一番下に「国を変更する」ってリンクがあるので、そこから飛ぶ。で、SIMロックフリーiPhoneを注文すると。

僕は、USのクレジットカードで注文、LAの友人宅に送りました。

ちなみに、SIMロックフリーiPhoneは、キャリアが決まってるものよりちょっと割高。

iPhone 4S

16GB $649
32GB $749
64GB $849

(US Apple Store)

です。

そして日本に送るなり、持って来てもらうなりするワケです。

僕の場合、ホリデーシーズンとかぶってしまったからなのか、リチウムイオンバッテリーは飛行機で輸送できないという問題から船便で送られてしまったからなのか、日本到着まで約3週間かかりました。

航空便であれば通常、4〜5日くらいです。





2. SIMカードをゲット(ドコモショップ)

iPhone本体が到着してしまえば、もうドコモiPhoneはすぐそこ。

ドコモショップに、そのiPhoneを持って行く(ドヤ顔で)。

受付の人に、用件を聞かれたら
「iPhoneに入るSIMに取っ替えにきました(キリッ)」

そうすると、iPhoneを見せるように言われるので、おもむろにiPhoneを取り出す(ドヤ顔で)。

SIMロックフリーのiPhoneを確認すると、ドコモでは動作保証をしてない旨を言われるので、
「存じておりマス(キリッ)」

っとまぁ、そんな感じでSIMカードゲットです。
金額は、過去1年以内にSIMカードを取っ替えてなければ無料。
取っ替えている場合は3150円。





3. 必要があれば契約プランの変更(ドコモショップ)

SIMカードをゲットしたら、次はプランの変更です。
通話関係は自分にあったものを使うとして、データ通信関係。
こっちは、XiはXi対応機種じゃないとダメとか、上限があるのはこれでとか、結局選択肢がなく決まる感じだったと思います。

参考までに僕のプランを。

・普通に通話する。
・imodeメールは引き続き使う。
・データ通信をよくする

って言う基準で選びました。

データ通信関係

imodeメール(@docomo.ne.jp)を使うために、
imode.net:210円

データ通信サービス
mopera U:315円

パケット通信料
パケホーダイダブル:8190円

通話関係:自分にあったもの

トータル、データ通信に1万くらい + バリュープランの値段ってトコです。





4. iPhoneアクティベート

プランの設定が決まったら、iPhoneのアクティベート。

ここからはたぶん家に帰ってやる感じかな。
SIMカード入れて、wifi接続するか自分のパソコンにつなげれば、ちょいちょいちょいで終了。

成功すると、キャリア名の所に光り輝くDOCOMOの文字!!

JM2011-28





5. データの移行

データの移行などは、それぞれの人で違うと思うのでグーグル先生に聞きながら頑張ってください。





6. imodeメール

imodeメールは、基本的にはウェブブラウザでimode.netに接続して見るという形になります。

imode.netを使った感想。
正直、使いにくい。


なので、通常の携帯と同じようにとはいきませんが、
iPhoneでimodeメールを見るアプリがいくつかあるので、それを使っています。

ウェブメールを見る感覚と近いかな。
一番の違いは、プッシュ式じゃないって事。

こっちからメールチェックしないとメール到着がわからないってトコです。







そんな感じで、ドコモiPhoneへの道。
いかがでしたでしょーか。






One Response to "ドコモiPhoneへの道。"
  1. 2012.03.01 09:07

    アメリカでiPhoneを安く使う方法。 | DJ Couz Official Site

    [...] “ドコモiPhoneへの道” の続きです。 SIMフリーiPhoneを、旅行者がアメリカで使う方法。 [...]

Leave a Reply

Your email address will not be published.