Link_YouTube-3 Link_instagram Link_Twitter-3 Link_Facebook-3 shopbanner2

Quik's Groove!!


DJ Quik曲のアルバムに入ってるインスト曲のアレではなく、

Quik先生直々のプロデュースイベント!!

先々週の土曜日、6/26 (土)に行ってきました。
「Quikプレゼンツのイベントを毎月やるゾーーー」
と去年の春頃に突然アナウンスされたにも関わらず、
6月頃には自然消滅的な…
アメリカではよくある事です、ハイ。
自分、Hip Hop Insiderの記事で取り上げつつも、
タイミングが合わず、行けなかったイベント。
それが、今年復活。

LAのタイミングばっちり。

もち” の “ろん “ で、行きますよー、”もち” の “ろん “!
前日のWarren Gの時は、
少々早く来すぎたため、いい前座も見れたけど、

ソリティアやりたくなるくらいの前座もいて、

Warren登場の頃には、すでにややお疲れになってしまったので、
今回はギリを狙って、会場イン。
ステージ見ると、フルバンドのセット!
おっ?これは期待できる!!

とかしてると、ほぼオンタイムでQuik登場!!
1曲目は何が来る?
ナニが来る??
と思いきや、若手紹介。
出てきたのは、 Mann!!

最近、Powerでも
YouTube Preview Image


が、パワープレイ中の彼です。
Mannが2~3曲パフォーム後、Quik先生自らバンドメンバーの紹介。
そして、サイドMCとして出てきたのは、

K.K. from 2nd II None!!
Quikファミリー大好きなCouzはこれだけで、キャーキャーです!
ちなみに、この二人はホント仲良いんだなーって感じが、

すごく伝わってきます。
2nd II Noneとレコーディングした時に、Quikの話をした時も、
QuikにPowerで会った時に、
「これからK.K.と会うんだ!!」
って言った時の一言二言の返事の中にも、

この2人はすーーーんごい仲良いんだろうなーって雰囲気が、たくさん出てた。

なんか、大人になっても、

“仲良き事は美しきことかな”

と思わされる。
で、やっとこさのQuikの1曲目は、
Sweet Black Pu**y
「DJ Quik is in the motha fuckin house!!」
まんま、デスね。
このまま、Quikの曲が続くのかと思ったら、
ゲスト、

DJ Roger Jr (たぶん)
DJ Rogerは
初期Death Rowの勢いありまくりの時に、

Dr. Dre総指揮ってことで、

そして2Pac主演(?)映画ってことで、

かなり話題になったプラチナムサントラ

Above The Rim
に収録された、スロージャム

“Doggie Style”

を歌ってた人。
その息子さんかと思われます。
で、さらっとQuikが
Somethin’ 4 Tha Mood
やった所で、

フィラデルフィアから

Roscoe!!!
そしてキーボード&Talk Boxで

Fingazz!!!
この2人来たらもちろん、
I Love Cali!!
現在では数々の名曲を残してるFingazzですが、

この曲がきっかけで、Fingazzはヒップホップ業界に足を踏み入れる事なったそうです。
7年くらい前、
YouTube Preview Image


C-Luv / Damizza feat. Fingazz & O’Shey (Prod. By DJ Couz & onodub)
をレコーディングした時、Fingazzが言ってました。
ってか、誰やねんっ。

人の曲を、You Tubeに勝手にアップしてるの。
・・・・・は置いといて、回想シーン…。
West Couzin’

「今日は急に呼び出したのに、来てくれてアリガトね」
Fingadelic

「全然OKだよ。ばっかヤバい曲もできたしな。

それにDamizzaに言われたら、どんなに忙しくたってすぐ駆け付けるさ!」
Fingadelic

「RoscoeのI Love Caliを作る時に、

ヒップホップ業界とオレをつなげてくれたのがDamizzaなんだよ。

もしDamizzaがオレをフックアップしてくれなかったら、

オレは未だにただのバンドのキーボディストだっただろうね(笑)」
Fingazz本人が言ってたので、たぶんほぼ間違いないんだと思います。
そんな事思い出しながらも、
「あ゛ぃっ!らう゛っ!!きゃりっぃなっ!!さまたぁ〜〜〜〜〜〜ぃ!!!!!」
なんて雄叫びを上げてる横から、ゆらゆらっと出てきたのは・・・・・

あにき

Kurupt!!!!
う、
うっ、
うぉおおおおお!!

Kurupt, Roscoe兄弟が一緒にライブじゃー!!
今度は、Kurupt & Roscoeを日本に呼んだ時を思い出すCouzなのでした…w。
Dr. Dre のHousewife
We Can Freak It
と連発!!!
なにげにQuikはその間、

パーカッションで遊んでたのを、オレは見逃さない!
そして、もちろん
Who Ride With Us!!
誰がなんて言ったって、

おーぃえーナンスヨ、おーぃえー!!
Xplosiveの時は、NateパートをQuikが歌う!!
そういえば、

Quik & Kuruptのアルバム “Blaqkout” のリリパの時も、

KuruptのAin’t No FunのNateパートもQuikが歌ってた…。
なんか若手一人はさんで、
Safe & Sound
フリースタイルからの
Let’s Get Down!!
Tony Toni Toneのパートは、コーラスなしでも客が歌う歌う。

Quik 先生「はいっ!窓側のキミ、歌って!」
ホントはここでゲスト、Nipsey Hussleが来るはずだったそうですが、
来なかった…。
残念。
超残念。
LA Style DopeのPさんからNipseyのライブの話を聞いて、

さらにライブ見たくなってたので、
すっげ残念↓↓↓。
じゃ、ってことで、

FunkadelicのKnee Deep (Dre Dayなんかのネタ曲ね) も交えつつ、
Tonight
ライブ途中で気付いたけど、

この青年は・・・・・

Terrace Martin?
めちゃめちゃ、Quikに期待されてる感じでした。
ライブ中も、あちこちで鍛えられてましたよ(笑)。
「じゃ、次何やんの?」
「バンドリードしてみ?」
なんて言われて、ステージをいっとき任されちゃうくらい(笑)。
ラス曲は

2 Pac / Hit em up
この頃ステージは、

モチごった返し。
Quikらしい、ゆるーい始まりのくせにエライ盛り上がる、

そんでもって、音楽を楽しんでるなーって感じのステージなのでした。






2 Responses to "Quik's Groove!!"
  1. 2011.01.23 15:37

    We Want The Funk!! | DJ Couz Official Site

    [...] なんか去年行った、DJ Quik主催のイベント “Quik’s Groove”のステージ。 [...]

  2. 2011.01.28 10:03

    Westside Ridin’ Vol.30 Best West 2010 リリース!! | DJ Couz Official Site

    [...] コイツはもっとメインストリーム寄りで頑張ってます。 DJ QuikのQuik’s Grooveでも、ゲスト参加してたしね。 Buzzin’ Remix Mann feat. 50 Cent Text Mann [...]

Leave a Reply

Your email address will not be published.