アイ・ニード・ニードル・パート2

2012/01/04

アイ・ニード・ニードル・パート1はこちら

みなさん、今年もよろしくお願いします!

さて今年は正月早々、タンテの針の新調。

僕はDJを始めてから、ほぼずっとPickeringの150DJというのを使ってたんですが、
ここ最近生産停止。

で、スクラッチライブなどPCDJ専用の針、
OrtofonのDigitrackに変えるも、どうも僕と相性がよろしくない。

別メーカーが出してるPickering用の針を使ってるみるも、イマイチしっくり来ない・・・。

ということで基本に立ち返り、SHURE M44Gにしてみました。

no images were found

一番最初に買った針は、たしかこれだった。
DJならみんな1回は買ってるよね。

no images were found

針のセッティングは、説明書でいう2番。
カートリッジとシェルのツラを合わせて、四角いウェイトを挟むのが、僕のスクラッチライブには一番良さそう。

まぁ、1〜2分使ってみただけの感想なので、今後変わるかもシレンけど。

ちなみにこのShureのケース。
LAのレコードプール全盛期に、僕が所属していたレコードプールのクリスマスパーティの景品でもらった。
サイズ的に僕が愛用してたPickeringは入らなかったから、ずっと在庫になってたけど、
7〜8年の時を経て、ようやく活躍の場が与えられた!!

そういえばそのレコードプールの番長、Luckey Louとか元気かな?
なんかLMFAOのDJやってるとかってウワサも聞いたけど。

・・・はさておき、スクラッチライブ用の針に関しては贅沢は言わない。
音がちゃんと鳴り続けてくれれば、それでいいです。

ちなみにM44G購入と同時期に、レコードの音をパソコンに取り込む用の針も買った。
こちらはDJが良くやる、手で針を降ろすなんてとんでもない。
スクラッチなんかやったら一発で針が折れるって言う、高級オーディオ針。
さんまんごせんえんなり〜。
高っ!!!!

でも、

音の取込は1回。
その音を使うのは一生。

ってことで、奮発してみたス。

no images were found

もうね。
箱からしてオーラが違う。

・・・・・

別に箱の色が紺×水色だからこれにしたとか、
そう言うんじゃないからねっ!!

ということで、音質の違いは時間が出来たらそのうちレポります。たぶん。

「しょっぱなから、針折りました」
とか、そういうレポにならないように祈っててください。

Share in
Tagged in

Comments

Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

* Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>