90'sウエストの写真家

2013/04/12

90年代のヒップホップ、特にウエストコーストヒップホップを、
リアルタイムで見てきた僕たちにとって、

この電気イスのマークは避けて通れない物でした。
レコ屋行って、このマークが付いてるレコードは必ず買う!!!みたいな。

Dr. Dre、Snoop、Dogg Pound、Nate Dogg、そして2Pacなどが在籍した
このデスロウレコーズは、「必ず」「絶対」そんな言葉すらも弱く感じるほど “強い存在” でした。

そしてもう1つ。
こちらは、そこまで名前を押し出していた訳ではありませんが、
強烈なムードを醸し出す写真家がいました。

この人の匂いがするジャケ写のレコード、CDは必ず買う。
電気椅子だったら必ず買うように。

僕のウエストコーストの歴史には、そんな写真家がいました。

Michael Miller

この人の写真1枚1枚には、僕の想い出が詰まっている。

彼の写真を見ただけで、他の何よりも情熱的に音楽を追い求めていた時代が甦る。
そんな写真家です。

ウエストコーストヒップホップの創世記からそのシーンを、
ずっとそのレンズでとらえてきたフォトグラファー。
彼の前では、リアルという言葉がちっぽけなものに感じてしまう程の存在だと僕は思う。

今回の #Hood Famous のジャケ写はこのMichael Miller。

ウエストコーストに生まれ育ち、ウエストコーストを育てた写真家が、
#Hood Famousのコンセプトに共感してくれて、シューティングに至りました。

そんな写真の数々をジャケの中にふんだんに使いたいと思っています。

#Hood Famousのジャケからも沸き立つウエストコーストを、
ぜひ感じてもらえたらと思います。

Share in
Tagged in

Comments

Currently there are no comments related to this article. You have a special honor to be the first commenter. Thanks!

Leave a Reply

* Your email address will not be published.
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>